Salvageinfoをフォローしましょう


『悔いのない人生を。』ランキング

特別 エース『力に屈したら…

1位 天才の仕組み

2位 ジンベエ『失った物ばかり数えるな!!!…

3位 ウソップ『この一件をウソにする!!!!…

4位 ゾロ『このおれの命一つで!!…

5位 トム『造った船に!!!…




ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS

<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 2011年12月13日のつぶやき | main | 2011年12月15日のつぶやき >>
2011.12.15 Thursday

人間の食料


最後の木が朽ち果て、

最後の川が汚染され、

最後の魚が摂られた時、


初めて、我々はお金を食べて

生きていけないことに気づくのです。

by クリー族



人間は狩猟・採集の生活から、農耕と漁労へと移行したことで、安定して食料を確保し、

多くの人口を養えるようになりました。




地球にはまだ、私たち全員を養える能力があります。

しかし、このまま人口が増加し、一方で地球環境の悪化と、持続的でない農業による土壌の劣化や

水質汚染などによって生産力が低下すれば、遠からず限界を迎えます。


そして、世界的に進行中の、穀物中心から肉中心の食への変化は、

限界の訪れを早めています。

本章では、消えていこうとする『魚』、すなわち食料事情について見ていきます。





コメント:

お金は人為的に作られた物。

魚は自然に創られた物。


さて、人の可能性は自然を凌駕するのだろうか。

それとも。

コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック

Salvageinfoをフォローしましょう