Salvageinfoをフォローしましょう


『悔いのない人生を。』ランキング

特別 エース『力に屈したら…

1位 天才の仕組み

2位 ジンベエ『失った物ばかり数えるな!!!…

3位 ウソップ『この一件をウソにする!!!!…

4位 ゾロ『このおれの命一つで!!…

5位 トム『造った船に!!!…




ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS

<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 2011年12月22日のつぶやき | main | X'masスカイツリー >>
2011.12.23 Friday

飢えに苦しむ人が増えている

飢えに苦しむ人が増えている 

大量の食品の廃棄や、肥満が問題となる国もあれば、日々、飢えに苦しむ国もあります。

食料を公平に分配できれば、地球は全人口を養うことができるという試算もあります。

しかし、食料供給(確保)の格差を生む原因は、改善されていないのが現状です。





なぜ飢餓に陥る国があるのか


FAO(国際連合食糧農業機関)のデータによれば、2005年の世界の穀物の全生産量は

年間約22.4億トンです。

この穀物生産量は、世界の65億人の人々に均等に分配したとすると、年間一人当たり

約350kgに相当し、現在の食糧生産量でも公平に分配できれば、

地球上の全人口を支えるのに十分です。


しか現在、およそ10.2億人(2009年時点)が最低限必要な食料を手に入れられず、

慢性的な栄養不足の状態にあります。

世界の6人に1人が飢餓に苦しみ、今日もどこかで餓死者が出ています。


なぜ、このような事態になるのでしょうか。

そこには『資源分配の不平等』という現実があります。





後記:

私は6歳やそこらのとき、近くにいた家族親戚に、こう質問した。


『なぜお金はあるの?お金なんてなければいいのに。』


すると、近くにいた1つ上の親戚がこう言った。


『馬鹿!お金が無かったら世の中が成り立たないじゃんか!』


『え?だって百姓さんが米作って、また違う人が違う物作って、

それで欲しい時にはそれを交換し合えばそれでいいじゃん。』


だが、その後も根拠のない正当化を、強い口調で言われた私には、当時、

それに言い返す気力も根気もなく、泣き寝入りするだけだった。


人一倍繊細で敏感だった私は、その当時からこの世の矛盾や混沌、

格差や理不尽、そして人間の自分本位に傷ついていた。


そのすぐそばで車を運転していた祖母がいたが、この質問には答えなかった。

そうやって、大人たちは人間の本性や核心に触れず、

ただあれしろこれしろと、指示をするだけだった。


私が親を含めた人の言うことを聞けなくなったのは、幼少期から積み上げられた、

『問題解決の優先順位』が大きく関係している。


つまり、『いや、あんた。あの質問に答えてないじゃん。』

完璧主義な性格も重なって私は、

(勉強だとかなんだとか言う前に、まず10年前のあの質問に答えてくれよ)

という不信感を抱いたまま育ったのだ。


激動の10代を乗り越え、そして20歳を迎えた。

今でもまだ、その祖母が健在だということは幸いだが、

やはり相変わらず、そういう核心をついた質問には答えられないようだ。


ただただ、『働かなかければ駄目』、『礼儀(社交辞令)を大事にしろ』、『みことばが〜』。


確かに祖母が目の当たりにした、激動の戦争、戦後という時代は、

そういう時代だったかもしれない。

そしてそのおかげで、日本は世界第2位の先進国にまで這い上がることができた。

我々日本のおじいちゃんおばあちゃんたちは、敬意に値する存在だ。



彼らは、復興の問題は一時的に解決したかもしれない。

それもかなり高得点で。


復興はした。だが、この質問の答えは?



『なぜ、人間は平等じゃないの?』



勉強だの、

常識だの、

仕事だの、

信仰だのと言う前に、



誰かが行動に移して見本を示さなければならない。


坂本竜馬しかり、今話題の山本五十六の名言にもあるだろう。


『やってみせ、言って聞かせて、させてみせ、

褒めてやらねば、人は動かじ。』




しつけだ説教だ子育てだと、いろいろとやるべきこともあるだろう。

戦争だ復興だ経済成長だと、忙しいこともあるだろう。


だが、人間のこの不平等を解決できないのであれば、

いつまでたっても人は無知で、無力のままである。



コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック

Salvageinfoをフォローしましょう