Salvageinfoをフォローしましょう


『悔いのない人生を。』ランキング

特別 エース『力に屈したら…

1位 天才の仕組み

2位 ジンベエ『失った物ばかり数えるな!!!…

3位 ウソップ『この一件をウソにする!!!!…

4位 ゾロ『このおれの命一つで!!…

5位 トム『造った船に!!!…




ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS

<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< ライオンとカンガルー | main | 六本木 華雫 >>
2010.10.31 Sunday

仕事ができる人の脳、できない人の脳

評価:
加藤 俊徳
ディスカヴァー・トゥエンティワン
¥ 1,575
(2010-01-12)

 仕事ができる人の脳、できない人の脳


脳の仕組みを知ると、私が抱えるたくさんの人生の悩みが解決される。

だから私は、脳科学を学ぶのだ。

例えば、この本が話す『直線脳と迂回脳』。

簡単に、『直線脳』は、耳から聞いた情報を処理するのに、スッと脳に入れて、

スッと処理して、スッと返答する。その情報の流れが直線的であるからそう呼ぶのである。


それに比べて『迂回脳』とは、読んで字のごとく迂回。

聞いた情報を、脳のいろんな場所にぐるぐると回し、(パス回しをするイメージ)無駄

に迂回して処理するから、返答までに時間がかかる。これだけを分析しても、『直線

脳』の人は『ハキハキしている人』、『迂回脳』の人は『優柔不断な人』という人間像

が浮かんでくるだろう。


もちろん、迂回脳のメリットもある。あれこれと考えたり、脳の部位を鍛えたり、アイ

ディアを生みだす時は、迂回脳でぐるぐる考えた方がいい場合もある。

しかし、対人関係になると、ほとんどの場合で直線脳に切り替えた方が、相手の

不快な思いを与えないで済む場合が多いだろう。

軍隊で、隊長の命令に対し、『・・・・自分は・・・えー・・・っと・・・・あの・・・・わ・・わ

かりました!』という隊員と、『イエッサー!!』と即答する隊員とでは、出来の良さ

が天と地ほど違うということがわかるはずだ。

脳から人生を考えるのだ。



仕事ができる人の脳、できない人の脳

コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック

Salvageinfoをフォローしましょう