Salvageinfoをフォローしましょう


『悔いのない人生を。』ランキング

特別 エース『力に屈したら…

1位 天才の仕組み

2位 ジンベエ『失った物ばかり数えるな!!!…

3位 ウソップ『この一件をウソにする!!!!…

4位 ゾロ『このおれの命一つで!!…

5位 トム『造った船に!!!…




ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS

<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< ルフィ『おれは助けてもらわねぇと生きていけねぇ自信がある!!!』 | main | エース『逃げたら何か…大きな物を失いそうで怖くなる…』 >>
2012.09.16 Sunday

ゾロ『このおれの命一つで!!勘弁して貰いてぇ……!!!』


ゾロ『このおれの命一つで!!勘弁して貰いてぇ……!!!』

 

私は一度忠誠を決めたら、見ているところでも見ていないところでも、

断固として裏切らない性質であるが、

これまでの半生、

命を掛けたくなるような人間にはめったに出会わなかった。




本物志向である私は、

たとえ超絶的な影響力のある"四聖"であろうと、




やはり話したこともないし、直接の自分とは無関係であるため、

忠誠を誓う(信者になる)

ということには、まず間違いなくならなかった。


だが、人間としてその知性には、とても尊敬している。

その、尊敬している"四聖"にも忠誠を誓えないのだから、

私がそれを誓える人間は、ごくごくわずかな『本物』なのである。

ましてやその他の『ニセモノ』など、話にもならない。


私がこれほどの本物志向になった原因は、

家族との関係が深く関係しているが、ここでは割愛する。



それに私は、命を懸けるほどの絆で結ばれる他人を、

私はあまり見たことがない。


血のつながりがあり、人生の艱難辛苦を共にし、

決意した家族同士ならまだしも、


切ろうと思えばいつでも切れる他人同士の絆で、

そこまでの関係で結ばれることは、ごくごく稀である。

大体は自分や自分の家族の利益を一番に考えて、

後のことは二番、あるいはそれ以下の存在である。


それはなぜだろうか。


私の周りにも『エセ家族』や、『エセファミリー』はたくさんいる。

だが文字通りそれは、『似非(エセ:似ているが本物ではない)』なのである。


事情により一人顔を見せなくなっても、手をさしのばさない。

一人いなくなることで自分側の都合が悪くなれば、裏切り者扱いにする。


そのくせ自分達の仲は家族同然だと言い張る。

こういう人間をたくさん見てきて私は、

ある種の違和感を常に覚えていた。


私は考えた。

人を批判してばかりいては仕方がない。

どうしたら本当の絆で結ばれる人間関係を作れるのだろうか。

なぜ私は、命を懸けられる人間関係に、出会うことが少なかったのか。


そう、私の周りに『エセ』しかいないのは、

何を隠そう、この私が、『ニセモノ』だからなのである。


もし私が『本物』の人間ならば、

私の周りには、家族の絆を超えた奇跡の人間関係で、

溢れているはずだからだ。



『類は友を呼ぶ』。



軽薄で能天気な人生を送っているときには、同じ周波数の輩が周りにいた。

だが、真剣に人生を葛藤しているときには、そういう連中は少しも私に接近できず、

人生の賢者や、恩師と仰げるだけの模範や、本が周りに在った。


もし、自分の人生に『本物』の人間関係がいないなら、

この事実から目を逸らしてはならない。


身の回りで起きている全ての原因は、

全て自分という『鏡』が映している結果である。















ゾロ『……わかった

首は…やるよ


……ただし身代わりの

……このおれの命一つで!!

勘弁して貰いてぇ……!!!



……まだたいして名のある首とは言えねぇが……!!


──やがて世界一の剣豪になる男の首と思えば

取って不足はねぇ筈だ!!!




ルフィは海賊王になる男だ!!!』








一流には、一流が連鎖する。

本物には、本物が連鎖する。


『似非』の連鎖で虚しくなければ、それを続ければいい。


だが『本物』に生きる人は、理解っている。

いくら波乱万丈で大変でも、

『本物』の人生は、『似非』の人生と比べたとき、

まるで比にならないことを。


命を懸けるだけの価値がある、人生の生き方だということを。





ゾロ『このおれの命一つで!!勘弁して貰いてぇ……!!!』
コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック

Salvageinfoをフォローしましょう