Salvageinfoをフォローしましょう


『悔いのない人生を。』ランキング

特別 エース『力に屈したら…

1位 天才の仕組み

2位 ジンベエ『失った物ばかり数えるな!!!…

3位 ウソップ『この一件をウソにする!!!!…

4位 ゾロ『このおれの命一つで!!…

5位 トム『造った船に!!!…




ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS

<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< ソクラテス『生きるために食べよ。食べるために生きるな。』 | main | キリスト『悲しみに流されるな』 >>
2013.01.03 Thursday

ブッダ『真の損得を知り、”力”に屈するな』


ブッダ『真の損得を知り、”力”に屈するな』





人は、妬む。

嫉む。

邪魔をする。

揶揄する。

足を引っ張る。


人は、そういう生き物だ。

ヌーが群れ、

ハイエナが獲物を横取りするように、


人間は、競争し、自分のエゴを、本位にする。


もし自分がそういう何らかの”力”に邪魔をされたとき、

”損”をした気分になってしまう人が多い。


私も少し前に、知り合いに車を盗まれた。


これは、相手の嫉妬なのだ。


彼は最初『俺は頭がいい』と独り言を言っていた。

だが、所詮机上の空論。

私のように泥の中から這い上がり、真実を見極めてきた者からすれば、

彼が子供にしか見えなかった。


彼は負けた気がしたのだろう。

そこまで大風呂敷を広げておきながら、何一つ結果を残すことができなかった。


だから、自分の存在感を思い知らせようと、車を盗んだのだ。


そりゃあもちろん、やられた瞬間は私にも殺意が芽生えた。


しかし、今までの経験がそれを鎮めたのだ。


明らかに、不正義を行ったのは相手。

ここで私が相手を殴り、あるいは殺してしまったら、

私が彼の生んだ”澱んだ力”に屈することになってしまう。


このまま許せば、私にはこの理不尽を耐えた分だけの”徳”が溜まる。

だが彼は、永遠にこの罪を背負っていかなければならない。


短期的に、極めて短期的に見れば、

資源(モノ、カネ)が手に入った彼の『得』だろう。


だが、時間間隔を見誤ってはならない。

不正義は必ず、自分の身を壊すようになっている。


この後、彼は人生でこのことを闇に葬り、正当化し、

表面的な膨張はすることに成功しても、

必ず、採算を合わされる日が来るだろう。


罪を許した私は、

その勇気ある行動に誇りを持ち、益々自信に磨きがかかる。

心が削られた分だけ、自分の器は大きくなる。



例えるならこうだ。


彼は初期型のパソコンを使いこなしはじめ、

自分はこのパソコンを思い通りに動かせると自負していた。

彼はそのパソコンに、たくさんのソフトをダウンロードし、

あるいはインストールして、充実させてきた。


そして今回も、私からソフトを盗み、自分の物にした。

それが、”得”だと思っているからだ。



一方の私は、百歩譲って彼と同じ型のパソコンを使っていたとする。

だが、私は自分自身の成長は、ダウンロードやインストールといった、

ソフトの問題ではないと考えていた。

『ハード』の問題だと考えていたのだ。


私はソフトを盗まれたが、そんな物はまた買い直せる。

その採算を合わせるために人の道を外れるのは、愚かな行為だと思ったのだ。


そして私は耐えた。

すると、私のパソコンは逆に、余計なソフトが無くなったことで、動きが軽くなった。

耐え難きを耐え、忍び難きを忍ぶことによって、

ハードの容量が大きくなった。


私は、『アップグレード』こそが、人としての成長だと考えていたのだ。


彼がやったのはソフトのダウンロード、インストール。

だが、私がやったのは、ハードのアップグレードだ。


最新のソフトを導入しているが、10年前のパソコンを使う人、

最新のソフトは入っていないが、最新のパソコンを使う人。


どちらが真の損得を知っている人か、

こうして考えれば、見えてくるはずだ。


彼は目先のソフトウェアのことしか考えずにハードへの投資を怠った。

自分には豊富なソフトがある、

そう言い聞かせて生きていく彼を俯瞰で見ると、哀れだとは思わないだろうか。


いずれ自らが行った目先のソフトの不相応なインストールによって、

彼のパソコンはパンクし、彼の足をを破滅の道へと引っ張るだろう。




この世は矛盾ばかりの、混沌とした理不尽な世界だ。

最初からそれがわかっていれば、

それに屈せず、耐え難きを耐える心構えはできる。


もしそういう場面に直面したら思うといい。

『これは、自分というハードウェアを上げる為のアップグレードなんだ』

と。


耐え難きを耐えた暁には必ず、

一回り成長した自分が、そこに在るだろう。


その成長した自分は、

その時に損した分を上回る得を生み出すのだ。


真の損得を知り、力に屈するな。







ブッダ『真の損得を知り、”力”に屈するな』

コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック

Salvageinfoをフォローしましょう