Salvageinfoをフォローしましょう


『悔いのない人生を。』ランキング

特別 エース『力に屈したら…

1位 天才の仕組み

2位 ジンベエ『失った物ばかり数えるな!!!…

3位 ウソップ『この一件をウソにする!!!!…

4位 ゾロ『このおれの命一つで!!…

5位 トム『造った船に!!!…




ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS

<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ジョン・カーター | main | ブレイクアウト >>
2013.01.22 Tuesday

キラーエリート

 

キラーエリート
killer.jpg



一度嵌った怨恨と殺人のカルマから抜け出すのは容易ではない。

五体満足、無事に、思い描く普通の人生に戻ることは、簡単なことではない。

だが、『普通の人生』とはなんだろうか。


例えば自分は人殺しではないと自負する人の言い分とは、

おそらく『直接人殺しに加担していないから人殺しではない』のだろう。

だが、発展途上国の人々が、今日も明日も食事に飢え、明日を生きるために食料を奪い合い、

衛生、医療、健康に生きるだけのそれらの設備がままならない現状を、

幼い子供が、学校での教育どころか、まともな食事さえとれないで亡くなってしまう現状を、

知らないわけではないだろう。


『自分は人殺しではない』と自負する人は、見て見ぬふりをしているだけなのだ。

自分や、自分の家族が明日を生きるために、自分本位にならざるを得ないのだ。


『普通の人生』を生きる人とはなんだろうか。

そういうことを内省すると、見えてくる。

どんなに深い闇に落ちても、どんなに耐え難い試練を背負っても、

一本の道が、道標が、見えてくる。











キラーエリート

コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック

Salvageinfoをフォローしましょう