Salvageinfoをフォローしましょう


『悔いのない人生を。』ランキング

特別 エース『力に屈したら…

1位 天才の仕組み

2位 ジンベエ『失った物ばかり数えるな!!!…

3位 ウソップ『この一件をウソにする!!!!…

4位 ゾロ『このおれの命一つで!!…

5位 トム『造った船に!!!…




ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS

<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< タイガー・ウッズ『届かないパットは絶対にカップインしない。』 | main | 田中角栄『私が田中角栄だ。ご存じのとおり小学校高等科卒だ。』 >>
2013.01.27 Sunday

ホセ・マルティ『私の体が消えることがあっても、私の思想は消えないだろう』

 
ホセ・マルティ『私の体が消えることがあっても、私の思想は消えないだろう』



[大義有る革命家 ホセ・マルティ]




力に屈することなく反骨にこの世を生き、

16歳で禁固刑を受け、生涯の半分以上が流刑、追放、亡命の日々だったホセ・マルティ。


1892年、キューバで革命党を創設し、

42歳、『自由』のために命を使い切った


この男がいなければ、

後のゲバラ、カストロはいなかった可能性が高い。


自分は何のために生まれたのか。

自分は何を成し遂げるために生きるのか。

自分はこの”儚い”人生を、どれだけ”尊い”ものにできるだろうか。




四聖(キリスト、ブッダ、孔子、ソクラテス)がそれぞれ、

『罪』の定義をこう唱えている。


キリスト『わがまま

ブッダ『執着

孔子『利己的

ソクラテス『無知


彼らの言った言葉は、形こそ違えど、

よく目を凝らしてみれば一つの真理が見えてくる。



わがまま』に、自分の人生に、命に『執着』するような、

利己的』な生涯を送ることは、『無知』である。



強い大義を燃やすには、

それなりの環境も重要になるだろう。

だが、

例え偶然でも、彼のように人生を捉えることが出来たら、

それは、『知』を見極めたのだ。



『10歳にして菓子に動かされ、

20歳にして恋人に、

30歳にして快楽に、

40歳にして野心に、

50歳にしては貪欲に動かされる。


いったいいつになったら人間は

ただ知性のみを追って進むようになるのであろうか。』

byゲーテ









ホセ・マルティ『私の体が消えることがあっても、私の思想は消えないだろう』

コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック

Salvageinfoをフォローしましょう