Salvageinfoをフォローしましょう


『悔いのない人生を。』ランキング

特別 エース『力に屈したら…

1位 天才の仕組み

2位 ジンベエ『失った物ばかり数えるな!!!…

3位 ウソップ『この一件をウソにする!!!!…

4位 ゾロ『このおれの命一つで!!…

5位 トム『造った船に!!!…




ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS

<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 井深大『これだ、これだ。これなら転がっても大丈夫だ。』 | main | お台場 ビッグシェフ >>
2013.02.19 Tuesday

孔子『死を考えるよりも、今現在を精一杯生きよ。』


孔子『死を考えるよりも、今現在を精一杯生きよ。』

 


人間は必ず死ぬ。


なにかこういう言い回しは、とても”儚く、虚しい”。


そもそも、『死ぬ』という言葉に、

我々はあまりにも悪い印象がある。


それは、『痛み』を経験しているからだ。

その『痛み』の、最高峰にあるのが『死ぬ』ということだから、怖いのだ。


それは、『死体』を見てしまっているからだ。

昨日まであんなに元気だった人が、急に『死体』になるのを見るのは、

あまりにも苦痛だからだ。


それは、『殺人』、『死亡事故』を知ってしまっているからだ。

それに付随する事件、事故のあまりにも無残な精神的凌辱や理不尽が、

我々の心を、強くひねりつぶすからだ。



だが、我々は人間本位だ。


アリを潰して殺したり、

エゴを満たすために森林伐採をして植物を殺したり、

一部の人しか生物多様性のことを重く考えていない。


そして我々は、自分本位だ。


今日、今まさにこの瞬間にも、この世のどこかで誰かが亡くなっているのに、

我々はテレビを見て笑い、

酒を飲んで踊り、

自分の私利私欲を満たすことを考えている。



人間とは、なんと薄情で、

そして同時に、なんと繊細な生き物なのだろうか。



人間の、”心”がそうさせる。


人間に、”心”があるから、”儚く、虚しい”のだ。


この世に生まれ、

不幸と幸福に一喜一憂しながら、この世を去る。


”儚く、虚しい”生き物なのだ。




だが、

だからといってそれが、

この世を下を向いてくよくよと生きていく理由にはならない。


むしろ、

有限で、儚い人生だからこそ、


”尊い”人生を生きるべきなのだ。



『死』など考えなくていい。


考えても考えなくても、いずれ生命は尽きる。


この世に生まれたことに悔いを残さないよう、

前を向いて…





のび太『…うう、僕はもうだめだ。

勉強もできないし、のろまだし。

僕なんてどうせなにをやってもだめなんだ。』


(珍しく自分の将来に落ち込んでいるのび太を見て、

のび太の教師は言う。)



のび太の教師『…野比。

人間はなんで目が前についてるか知ってるかい?


前を向いて生きていくためだよ。』






…そして、上を向いて生き続けるのだ。



『刑務所の鉄格子から、ふたりの男が外を見た。

ひとりは泥を眺め、

ひとりは星を眺めた。』









孔子『死を考えるよりも、今現在を精一杯生きよ。』

コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック

Salvageinfoをフォローしましょう