Salvageinfoをフォローしましょう


『悔いのない人生を。』ランキング

特別 エース『力に屈したら…

1位 天才の仕組み

2位 ジンベエ『失った物ばかり数えるな!!!…

3位 ウソップ『この一件をウソにする!!!!…

4位 ゾロ『このおれの命一つで!!…

5位 トム『造った船に!!!…




ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS

<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 市販と処方箋 | main | 今日のお宝! >>
2011.08.31 Wednesday

タイプX タイプI

 
外発的(extrinsic)性格を表す”タイプX”。

内発的(intrinsic)性格を表す”タイプI”である。


タイプXが、例えばお金や利益といった外発的な要素をモチベーションにするのに

対し、

タイプIは、外発的な要素よりも、”やりがい”や、”理念”等の内発的な要素を重ん

じる。


これについて断言できることがある。

以前私がいた環境には”タイプX”だらけであり、私は”タイプI”である。

私がタイプXなのであれば、過去、幾多の納得のいかない相手と対立し、

自分の意思を貫くことはなかっただろう。

タイプXの人は、私のそういう行動を見て、こぞってこう言う。


『もったいない』


だが、そもそも考え方、タイプが違うのだから、彼らの常識は私には当てはまらない

のだ。

私からすれば、利益などといった外発的な理由で自分の信念を曲げ、安売りして

いる彼らの方が、よっぽどもったいない。


なぜなら、たった一度の人生。

『外発的な何か』ごときに自分の信念がコロコロ変わるようであれば、

それは、人生という単位で、大損をしているからだ。


もちろん以前は私も”タイプX”だった時期もある。

だが、幾多の葛藤や失敗を重ね、ようやく『一周』できた。

そう、最初から私はタイプIとして育てられていたのだ。

もともと、両親がそういう育て方をしてくれたということの裏付けであり、

そのことに対しての感謝の気持ちを忘れてはならない。


やはり『人生』を考えたら、”タイプ”Iになることは避けられないのだ。


コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック

Salvageinfoをフォローしましょう