Salvageinfoをフォローしましょう


『悔いのない人生を。』ランキング

特別 エース『力に屈したら…

1位 天才の仕組み

2位 ジンベエ『失った物ばかり数えるな!!!…

3位 ウソップ『この一件をウソにする!!!!…

4位 ゾロ『このおれの命一つで!!…

5位 トム『造った船に!!!…




ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS

<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2012.05.18 Friday

ファイナルファンタジーの軌跡



最初にファイナルファンタジーをやったのは、


ハードはファミコンの、

『ファイナルファンタジー3』

だった。




そして、次が一番記憶に残った、

スーパーファミコン『ファイナルファンタジー5』。





そして、

PS3の、『ファイナルファンタジー13-2』。





こうしてこの18年の歴史を振り返ると、

ゲームの記憶と同時に焼きついた、

当時の思い出や人間関係が甦って、フラッシュバックする。






時間というものは本当に不思議だ。


時がたてば

朽ち果てるものばかりではなく、

こうして、昇華したりするものもある。



私には未熟な経験しかないが、心底思う。


"時を支配する"ことさえできれば、

この人生は、自分の思う通りにいくだろう。


ファイナルファンタジーだからといって、

『時魔道師』などと、ファンタジーの話をしているのではない。


もちろんそれが容易ではないのは、

多くの人が、

"時に支配されて"、生きているのを見れば、わかるだろう。




だが、

私はそれが、人生の黄金律だと、見る。


この世は深くて、楽しい。

まだまだ潜れていない場所が、

想像を絶するほど存在する。


"そこ"を見ないで死ねば、

私は人生に、悔いを残すだろう。




2012.05.18 Friday

二ノ国  主題歌『心のかけら』


二ノ国 主題歌『心のかけら



最後の最後に、メインテーマ曲に歌詞が付く。

歌うのは、ジブリには欠かせない音楽家、久石譲の娘。

麻衣。


心に残る名曲。

ゲームで自分でこの感動を体験したい人は、見ない方がいい。

そうしたらここから見て感じとれる、

100倍の感動を得ることができるだろう。


だが、この予告編を見ても本編には差し支えはない。

むしろ気にするべきなのは、

未開拓の最高のジブリの世界に、のめり込んでしまうことの方だ。




2012.03.12 Monday

海賊無双



海賊無双 



無双シリーズと同じく、ボリュームは薄いが一回のシーンでの容量が多く、

PS3じゃなきゃ絶対バグるほど、動きが詰まった迫真のゲーム。


同じ無双シリーズなのに圧倒的に違うと思ったのは、

声優のおかげ。

無双シリーズの声優は聞いたこともない声ばかりだが、

海賊無双の場合、エキストラまで全部ワンピースの原作と同じ声だ。

だからあの妙なチープさがない。


それにルフィのゴムゴム操作が爽快だし、

エニエスロビーやインペルダウンの乱闘、

マリンフォードでエースを助け出して、エースが使えたときのあの興奮、

やってよかったと思える瞬間だった。


これはあくまでも"可能性"。

これを突破口にして、また最高のゲームを創ってほしい。



海賊無双

2012.03.03 Saturday

海賊無双を…俺はやる!!


こりゃ、
 


どん!!!




思ってた以上におっもしれぇ〜!!!!




エニエスロビーでの大乱闘を原作で観た時、

このシーンをゲームで遊べたら面白いだろ〜なーと思ってたから、

面白さ10倍!


インペルダウンでジンベエとクロコダイルと合流して乱闘するシーンや、

その緊張感がそのまま体験できて、動作のクオリティも高い。


ギガントバトルやアンリミテッドシリーズを遥かに超えた!!

いやっほおおおおおお!!!


よーしこの後も、


海賊無双を…俺は、やる!!!





どどどん!!!

2012.02.01 Wednesday

FINAL FANTASY13-2

 FINAL FANTASY13-2







待望のパート2。

群れずに、媚びずに、周りに誤解の多い人は、どこか自分と似ていて好きだ。

そんなライトニングに惚れたFF13。


FFシリーズは、



この画像が当たり前だった。


これでも十分楽しかった。

夢が膨らんだ。想像が膨らんだ。


FFが次のレベルにチャレンジしたてのとき、



こういう世界になった時、FFへの熱は冷めた。


まるで、ジブリシリーズで、宮崎駿の息子、宮崎吾郎の

『ゲド戦記』や、



『コクリコ坂から』を見たかのような、



失望感。


吾郎氏いわく、

『もう、ファンタジーは出尽くした。当分やらないと思う。』


…だが、ジブリファンがジブリに求めているのは、これからもずっと、ファンタジーなのだ。


私にはわかる。

彼は、ファンタジーを創れないから、あえてそう言ったのだ。

偉人の息子に生まれたプレッシャーが大きいのだろう。


だが、もし監督がそれ以外の作品をやりたいのであれば、違うレーベルでやるべき。

ジブリには今、感動的な『アリエッティ』を創った米林監督がいるのだから。





批判をする人は、好きな人だ。

好きだから、求めているものが大きいから、『それで終わってほしくない』と、批判するのだ。



時は流れ、FFは13を迎えた。

PS3というハードの力も手伝って、今FFは、



この映像美。


13-1でスポットが当てられたのは、FF独特の世界、

『召喚獣』




そして、13-2では、

『時魔道師』




確かにあの時、15年前、想像はしていたが、

召喚獣と時魔道師が真価を発揮した時、ここまで壮大な世界になるとは想像できなかった。




過去と比べて考えると、



およそ想像もつかないような圧倒的なスケール。




FFがPS3というハードと出会い、ようやく本領を発揮できたといわんばかりの完成度。




ヲルバ郷のテーマ曲が流れるシーンは、繊細で、ドラマチックで、

感動的だった。


別れが惜しくなるほどのめり込めた、あの頃の熱を復活させてくれた。


FFが、どこまでいけるのか、どこまで登るのか、



次回作も楽しみだ。





FINAL FANTASY13-2

2011.12.21 Wednesday

二ノ国 白き聖灰の女王

二ノ国 白き聖灰の女王







まるで、一つのジブリ作品を見ていたかのようだった。





音楽は久石譲。

とある、音楽とドラマが最高にシンクロするシーンでは、

私が封印しているはずの、涙をこらえるのが難しかった。



備え付けの魔法の本、『マジックマスター』


を通してプレイすることで、作品の奥深さがぐっと深まり、

二ノ国で創られた世界観が手に取るように理解り、心に染みわたった。



忘れられないゲームとして、心に残り続けるだろう。





二ノ国 白き聖灰の女王

2011.12.12 Monday

『桃太郎電鉄』シリーズが終了

 『桃太郎電鉄』シリーズが終了する。

ゲームクリエイターで『桃太郎電鉄』シリーズ生みの親であるさくまあきら氏は

2011年12月11日夜、ニコニコ生放送の番組「小池一夫のニコニコキャラクター塾!」で、

来年1月に発売されるドコモ携帯向けの『桃太郎電鉄 東海編』を最後に

シリーズを終了させることを明らかにした。





我が人生にも大きな影響を与えた桃鉄。

次回作を楽しみにしていたが、終わってしまった。


だが、形ある物は必ず終わりがある。

MOTHER4は出ないし、大好きなワンピースも、記録を伸ばし続けるこち亀も、

いずれは終わりが来るのだ。


だから悔いのないように、ひたすら前に進み続ける。

この人生を、全力で。

同じ時代を生き、この人生を盛り上げてくれた、桃鉄に感謝。


2011.11.18 Friday

二ノ国 感想


二ノ国は、すげぇ面白い!!


宮崎駿の息子が創った『ゲド戦記』や『コクリコ坂』は好きになれなかったが、

20年来のジブリファンである私が見ても、これは面白い!

(もちろんまだ途中だが)


いろいろな有名ゲームのいいとこどりをしたような、そんなイメージ!

例えば、


FF13から、


バトル、バトルリザルト、簡潔さ、わずかだがBGM


ドラクエ


敵出現、仲間の加え方


ゼルダ


仕掛け、謎解き


ポケモン


モンスターとの関係性


MOTHER


ほのぼのとしたマップやアイテム


たまごっち


仲間の育成


ジブリ


アニメ、音楽(久石譲)、世界観全て


でも、パクったようなチープさは全然ないところが、さすがジブリの実力。

ゲーム会社も、ジブリの名を背負って魂込めて造った感じが、

細部までこだわったディティールを見ればよくわかる。 

世界に誇るジブリ作品で、絶対に失敗できないという強い気持ちが。



『アイデアとは、

既存の要素の新しい組み合わせ以外の何ものでもない。


by ジェームズ・W・ヤング



という言葉があるように、『パクリ』になるか、『オリジナル』になるかは、

そのアイディアを絞った人間の実力次第。


パクっていないと思っていても、

世界の誰かが同じようなことをやっているものだ。


それならば、いっそのこと超一流のアイディアからいいとこどりして

自分なりにデフォルメしたって、同じことじゃないか。

私はアイディアについて、日々そんなことを考えていたりする。


中には、『明らかにパクリ』という印象しか受けないチープな商品もあるが、

二ノ国は、圧倒的なジブリの実力も手伝って、完全なるオリジナルゲームを

創ったといっていいだろう。





まるでアニメを動かしているよう!




ジブリ独特の、この雰囲気のある文字。




本物のアニメがたまに混ざっていて、それが大感動!

"魔女の宅急便"と"ワンピース"でおなじみの、あの声優も…

でも、このCGアニメーションも、それに負けないリアルなアニメ!




伝説の物語を活字で読み、謎を解くような場面や




コントローラーの左右2つのレバーを同時に動かす謎解きは、

まるで、どこかでやったことのある"知能テスト"そのもの。




敵の迫力やクオリティもすごい、ジブリが創った新しい境地!




これでLEVEL5とジブリが成功して、さらなる高みを目指してくれれば、

今後の展開が、超楽しみ!!


大好きなソフトウェアが一つ増えるぜ!!

2011.11.17 Thursday

二ノ国到着!!

 

すんげ〜!!

本のクオリティとか!




アニメとかもろジブリだし!!


これはジブリの新作ととらえて間違いないわけで、

ジブリファンなら心踊らずにはいられないっ!!!


やったあああああ!!!!!


2011.11.07 Monday

侍道4

評価:
---
スパイク
¥ 3,130
(2011-03-03)

 
侍が好きで、4まで出てるから期待して買ってみたが、

クソゲーである。。


龍が如くの3辺りが、MAXだ。

Salvageinfoをフォローしましょう